Share

シェアハウス
として貸す

借上げ条件(投資利回りを高くするため)と
運営事業者がポイント

シェアハウスの収入源は賃料ベースのみなので高収入は見込めないケースが多いため
運営事業者がしっかりしている所なのか、借上げ家賃を上げられるかが重要です。

シェアハウス経営の
2つのポイント

  • 運営事業者によって入居率が変わり入居率に影響が出るため運営事業者がしっかりしているか確認すること

    運営事業者によって入居率が変わり入居率に影響が出るため運営事業者がしっかりしているか確認すること

  • 借上げ家賃を上げられるかどうかを確認すること

    借上げ家賃を上げられるかどうかを確認すること

  • 国内に置ける市場背景の移り変わり

    シェアハウスのマーケットは増加しております。その背景として、空き家が増加していることがあります。
    全国平均の空家率は13.5%であるにも関わらず、大阪市内の空家率は17.2%となっております。
    つまり、約6戸に1戸が空いているという計算になります。国もこの空き家をどうにかしなければならないと考え、2015年に「空き家対策特別措置法」が施行されており、空き家を放置しているオーナー様へ、適正な管理をと、活用の推進、行政が放置された空き家を解体しても良いとする内容になっており、正しく、現代の社会問題となっております。

    シェアハウスのマーケットは増加しております。その背景として、空き家が増加していることがあります。<br />
全国平均の空家率は13.5%であるにも関わらず、大阪市内の空家率は17.2%となっております。<br />
つまり、約6戸に1戸が空いているという計算になります。国もこの空き家をどうにかしなければならないと考え、2015年に「空き家対策特別措置法」が施行されており、空き家を放置しているオーナー様へ、適正な管理をと、活用の推進、行政が放置された空き家を解体しても良いとする内容になっており、正しく、現代の社会問題となっております。
  • 価値観の変容とニーズの高まり

    最近は、「お金やモノを所有する豊かさの時代」から、「共有とコミュニティによる豊かさの時代」に変わりつつあります。
    「モノを所有する」よりも、「感動や体験する」ことに価値を置くようになりました。

    それは住まいでも同じです。「みんなと同じ」よりも、「自分らしく」と考えられる方は、住むだけではなく感動や体験することに価値を置かれています。
    食べて寝るだけの住まいを提供するのではなく、住まいや暮らし方にも感動や体験できる家に住みたいと考える入居者が増えています。同じような趣味や嗜好を持った人々や、目標を同じくする人たちが集うコミュニティを提供することが、これからの時代の多様なニーズに応えることになり、入居者の心を確実につかむと考えます。

    最近は、「お金やモノを所有する豊かさの時代」から、「共有とコミュニティによる豊かさの時代」に変わりつつあります。<br />
「モノを所有する」よりも、「感動や体験する」ことに価値を置くようになりました。<br />
<br />
それは住まいでも同じです。「みんなと同じ」よりも、「自分らしく」と考えられる方は、住むだけではなく感動や体験することに価値を置かれています。<br />
食べて寝るだけの住まいを提供するのではなく、住まいや暮らし方にも感動や体験できる家に住みたいと考える入居者が増えています。同じような趣味や嗜好を持った人々や、目標を同じくする人たちが集うコミュニティを提供することが、これからの時代の多様なニーズに応えることになり、入居者の心を確実につかむと考えます。
  • シェアハウスの導入パターン

    シェアハウスの導入方法は、①新築、②改修の2パターンで進めることが可能です。

    ①新築の場合は、土地をお持ちの方や、土地を購入し導入することが可能です。
    ②改修の場合は、使っていない空き家やシェアハウスに向いた中古住宅を購入していただき、シングルマザーの方々が住みやすい仕様へ改修いたします。

    シェアハウスの導入方法は、①新築、②改修の2パターンで進めることが可能です。<br />
<br />
①新築の場合は、土地をお持ちの方や、土地を購入し導入することが可能です。<br />
②改修の場合は、使っていない空き家やシェアハウスに向いた中古住宅を購入していただき、シングルマザーの方々が住みやすい仕様へ改修いたします。

こんな土地をお持ちの方に
おすすめです!

  • 都心部にあり、駅近で利便性が良い土地

  • ワンルームマンションの賃料が安い立地

よくある質問

シェアハウス経営で
お客様より頂くご質問をまとめました。

  • Q.

    運営事業者が撤退する事が心配です。

    A.

    運営事業者の与信を調べ、経営や財務上の健全性を調べる事が大切です。
    実際に、運営事業者のシェアハウスを見学に行くと、雰囲気がわかりますし、
    経営者と話をする事で、経営の考え方がわかりますので、運営事業者の選定には必要です。

    運営契約書の条件面で、保証金を組み入れる事や解約条項を交渉する事で
    撤退リスクを減らす事が出来ます。

    シェアハウス運営は、入居者の生活支援やコミュニティ管理があり、
    賃貸経営より複雑ですが、努力すればご自身でも運営出来ます。

    ぜひ、ご自身でもシェアハウス運営を学んでいき、
    撤退する事があっても、ご自身で運営する事も視野に入れればリスクヘッジになると思います。

導入の流れ

実際に運用するまでの流れをご紹介、
まずはお問い合わせください。

  • STEP.01

    初回面談(ヒアリング)

    初回面談(ヒアリング)

  • STEP.02

    市場調査・運営事業者選定

    市場調査・運営事業者選定

  • STEP.03

    プラン・事業収支提案

    プラン・事業収支提案

  • STEP.04

    出店計画書の提出

    出店計画書の提出

  • STEP.05

    運営事業者の施設見学

    運営事業者の施設見学

  • STEP.06

    融資申込

    融資申込

  • STEP.07

    運営予約契約書・仮契約書の締結

    運営予約契約書・仮契約書の締結