Apartment

賃貸アパート

賃料が安いエリアで検討する事がポイント

賃貸アパートの経営は、
賃貸マンションに比べ建築単価が安いので、
駅から遠い郊外や賃料が安いエリアで検討することが重要です。

賃貸アパート経営の
2つのポイント

  • 賃貸企画は投資利回りが何よりも重要

    賃貸企画は投資利回りが何よりも重要

  • 賃貸マンションに比べ建築単価が安いので、賃料が安いエリアで検討する

    賃貸マンションに比べ建築単価が安いので、賃料が安いエリアで検討する

  • 市場調査の重要性と市場ニーズに合わせた商品ラインナップ

    アパートやマンションなどの賃貸住宅を建てる場合、最大のメリットは税金軽減の効果です。また、家賃による安定収入が得られるため、将来、年金を補佐する副収入源としても頼りになるでしょう。ただし、賃貸アパートやマンションは「どこになにを建てるか」が非常に大切です。
    そこで、当社では、マンション建設の具体的なご提案を行う前に、その土地に対する緻密な市場調査を行います。
    地域の人口・世帯数の推移、一世帯の人数、居住者の年齢層、周辺施設などの周辺状況から、すでにある賃貸マンションの入居率などについても調査を行います。
    その結果、市場性の高い地域であると判断できて、はじめてその土地でマンションを運営することができるのです。また、弊社では様々な市場に対応できるだけのマンションラインナップで、お客様にとって一番最適な資産運用をお約束いたします。

    アパートやマンションなどの賃貸住宅を建てる場合、最大のメリットは税金軽減の効果です。また、家賃による安定収入が得られるため、将来、年金を補佐する副収入源としても頼りになるでしょう。ただし、賃貸アパートやマンションは「どこになにを建てるか」が非常に大切です。<br />
そこで、当社では、マンション建設の具体的なご提案を行う前に、その土地に対する緻密な市場調査を行います。<br />
地域の人口・世帯数の推移、一世帯の人数、居住者の年齢層、周辺施設などの周辺状況から、すでにある賃貸マンションの入居率などについても調査を行います。<br />
その結果、市場性の高い地域であると判断できて、はじめてその土地でマンションを運営することができるのです。また、弊社では様々な市場に対応できるだけのマンションラインナップで、お客様にとって一番最適な資産運用をお約束いたします。
  • 入居者のイメージを具体的に膨らませること

    まず最初に行うのは、入居者の顧客像を組み立てること。
    「誰にどのような価値をどのように提供するか」を考えることが重要です。
    例えば、30代子育て夫婦・子供2人幼稚園の4名家族、など。
    顧客像に合った間取りやサービス提供を行うことが出来れば入居率を高めることができます。

    アパート経営においては、「入居率」というものに誰もが頭を悩ませることと思います。「せっかくアパートを建設したはいいが、入居者が思うように決まらない。」こうした悩みをお持ちの方は多く、それゆえに、「アパート経営=やらない方がイイ」と思っていらっしゃる方もいるのではないでしょうか。しかし、「空室がでないアパート」を建てる方法を知っていれば、心配はいりません。 ニーズというのは時代とともに流行が変化していきます。

    まず最初に行うのは、入居者の顧客像を組み立てること。<br />
「誰にどのような価値をどのように提供するか」を考えることが重要です。<br />
例えば、30代子育て夫婦・子供2人幼稚園の4名家族、など。<br />
顧客像に合った間取りやサービス提供を行うことが出来れば入居率を高めることができます。<br />
<br />
アパート経営においては、「入居率」というものに誰もが頭を悩ませることと思います。「せっかくアパートを建設したはいいが、入居者が思うように決まらない。」こうした悩みをお持ちの方は多く、それゆえに、「アパート経営=やらない方がイイ」と思っていらっしゃる方もいるのではないでしょうか。しかし、「空室がでないアパート」を建てる方法を知っていれば、心配はいりません。 ニーズというのは時代とともに流行が変化していきます。<br />

こんな土地をお持ちの方に
おすすめです!

  • 郊外で家賃相場が低い土地

  • 人気校区や公園・スーパーが隣接しているなど環境面が良い土地

  • 大学や大企業の周辺エリアの土地

よくある質問

賃貸アパート経営で
お客様より頂くご質問をまとめました。

  • Q.

    経営は、儲からないということを聞きましたが実際は?

    A.

    テナント物件等に比べ表面利回り・キャッシュフロー利回りが大きくない傾向にあります。しかし、アパート経営のメリットとしては、入居者が一斉退去することが無いため、比較的収支の浮き沈みが少なく安定経を実現しやすい点が挙げられます。また、ホテルや民泊・テナントビル等の収益物件ですと、コロナウイルス等による景気に影響を受けやすいですが、賃貸アパートは比較的景気による影響を受けにくいというメリットがあります。賃貸マンション経営においては所有棟数を増やすことや繰り上げ返済を行うことで収益を拡大することが可能になります。オーナー様に応じた賃貸アパートの適切な収支計画をご提案いたします。

  • Q.

    人口減少、少子高齢化による需要減の影響は?

    A.

    2033年に空室率が30%になると言われていますが、築年数の古い物件や文化住宅等が含まれているため、一概に不安に感じる必要はありません。
    しかし、安易に不労所得だと思って経営をしないように慎重に計画を立てることが重要です。①投資利回りが高い物件を建てる②入居者のニーズに合った建物を建てる③物件ごとにハード・ソフト両面の付加価値・コンセプトを持たせる④詳細の収支計画を立てる等のポイントを押さえて経営を行うことで入居者に選ばれる「行列のできるアパート経営」を実現することが可能です。進和建設工業ではアパート経営におけるポイントや基準を明確にお伝えし、安定経営をサポートいたします。

  • Q.

    一括借り上げをしている会社で家賃減額をされるのは本当ですか?

    A.

    一括借り上げ(サブリース)というのは、家主さんの物件を1棟借り上げし1棟分の賃料を払う仕組みです。賃料固定など様々な規定がありますが、サブリース会社が家賃減額を決めたら、それに応じないといけないケースもあります。
    しかし、サブリースのメリットとしては、マンション経営をサブリース会社に任せることができるため忙しくて時間がないという方にはおすすめの選択肢です。
    ポイントは、サブリースが外れても元々投資利回りが高いマンションを作ることです。サブリース会社の「安心です」という収支計画を鵜呑みにせず家賃相場・周辺マンションの入居率を調べた上で行うことが重要です。

導入の流れ

実際に運用するまでの流れをご紹介、
まずはお問い合わせください。

  • STEP.01

    お問い合せ

    お問い合せ

  • STEP.02

    ヒアリング

    ヒアリング

  • STEP.03

    市場調査

    市場調査

  • STEP.04

    プランニング・収支提案

    プランニング・収支提案

  • STEP.05

    融資サポート

    融資サポート

  • STEP.06

    建設工事

    建設工事

  • STEP.07

    入居のお手伝い、管理、資産運用サポート

    入居のお手伝い、管理、資産運用サポート