Roadside

ロードサイド店舗

土地の上に店舗を建てるタイプと、
店舗に土地だけ貸す借地タイプの2パターンがある

ロードサイド店舗の特徴は、
賃貸住宅と比較して投資額が低く安全で投資利回りが高く高収益であることです。

ロードサイド店舗経営の
3つのポイント

  • 立地に向いている店舗が何なのかを研究すること

    立地に向いている店舗が何なのかを研究すること

  • 店舗運営会社の与信力を調査して優良な店舗に入ってもらうこと

    店舗運営会社の与信力を調査して優良な店舗に入ってもらうこと

  • 契約条件をより有利な条件に引き出すこと

    契約条件をより有利な条件に引き出すこと

  • 特徴と必ず抑えるべきポイント

    ロードサイド(大通り)上の土地を持っている方にお勧めです。
    特徴は、賃貸住宅と比較して、投資額が低く安全で、投資利回りが高く高収益です。
    土地の上に店舗を建てるタイプと、
    店舗に土地だけ貸す借地タイプの2種類があります。

    店舗が撤退してしまうと、収入が0円になるリスクがり、次のテナントが見つかるまでの期間が収入が0円のままです。
    ロードサイド店舗の特徴として「建築協力金制度」があります。
    店舗側が建築費を一定割合負担してくれるので、地主側は借入をしなくても建物を建てる事が出来る場合があります。
    地主が店舗側への建設協力金の返済は、店舗からの家賃収入から差し引いて返済を行っていきます。
    店舗側が撤退した場合は建設協力金の返済が免除されるケースが多いです。

    ロードサイド(大通り)上の土地を持っている方にお勧めです。<br />
特徴は、賃貸住宅と比較して、投資額が低く安全で、投資利回りが高く高収益です。<br />
土地の上に店舗を建てるタイプと、<br />
店舗に土地だけ貸す借地タイプの2種類があります。<br />
<br />
店舗が撤退してしまうと、収入が0円になるリスクがり、次のテナントが見つかるまでの期間が収入が0円のままです。<br />
ロードサイド店舗の特徴として「建築協力金制度」があります。<br />
店舗側が建築費を一定割合負担してくれるので、地主側は借入をしなくても建物を建てる事が出来る場合があります。<br />
地主が店舗側への建設協力金の返済は、店舗からの家賃収入から差し引いて返済を行っていきます。<br />
店舗側が撤退した場合は建設協力金の返済が免除されるケースが多いです。<br />

こんな土地をお持ちの方に
おすすめです!

  • 大通りに面した土地

よくある質問

ロードサイド店舗経営で
お客様より頂くご質問をまとめました。

  • Q.

    店舗が撤退しないか心配です

    A.

    店舗の与信力を調べて、健全な企業なのか検討した上で契約を行うようにする事が大切です。
    契約条件に保証金を入れて貰うなど、
    解約条項などの条件を付けるなどの交渉も必要です。

  • Q.

    店舗が撤退した際に、建築協力金の返済はどうすれば良いのか?

    A.

    建築協力金は免除されて返済しなくて良いケースがほとんどです。契約前に建築協力金の条件の確認をしましょう。

導入の流れ

実際に運用するまでの流れをご紹介、
まずはお問い合わせください。

  • STEP.01

    店舗を探す

    店舗を探す

  • STEP.02

    出店候補先のご提案

    出店候補先のご提案

  • STEP.03

    出店申込書の提出

    出店申込書の提出

  • STEP.04

    店舗運営会社との条件交渉

    店舗運営会社との条件交渉

  • STEP.05

    店舗予約契約

    店舗予約契約

  • STEP.06

    仮契約

    仮契約