House

住宅用地
として貸す

分譲住宅の定期借地権として貸し出すもしくは
クリニックなどの店舗系用地として貸し出す事で高い地代が望める

分譲住宅の定期借地権として貸し出すか、
クリニックなどの店舗系用地として貸し出す事で高い地代が見込めます。

住宅用地経営の
3つのポイント

  • 賃貸マンションや戸建賃貸などの賃貸系に貸すと地代が安いこと

    賃貸マンションや戸建賃貸などの賃貸系に貸すと地代が安いこと

  • 分譲住宅の定期借地権として貸し出すかクリニックなどの店舗系用地として貸し出す事で高い地代が望めること

    分譲住宅の定期借地権として貸し出すかクリニックなどの店舗系用地として貸し出す事で高い地代が望めること

  • 駐車場として貸し出した場合などと比較して検討すること

    駐車場として貸し出した場合などと比較して検討すること

  • 住宅用地として活用の可能性

    賃貸マンションなどの需要が少ない、または広さや規制などにより収益性の見込めない地域であっても、「住宅用地」としての活用が可能です。お持ちの土地の造成や区画整理を事業者が行い、建物を建てて販売(分譲)しますので、何も負担なく土地の有効活用ができます。

    賃貸マンションなどの需要が少ない、または広さや規制などにより収益性の見込めない地域であっても、「住宅用地」としての活用が可能です。お持ちの土地の造成や区画整理を事業者が行い、建物を建てて販売(分譲)しますので、何も負担なく土地の有効活用ができます。
  • 売主側・買い主側の両方にメリットがある

    購入者側にとっても、土地を購入しない分、通常の分譲に比べて安く済みます。いずれ返還しなければならないとは言っても50年間ですので、「永住」とそれほど変わらない形で、安く住宅が取得できることになります。

    売主側の地主さまも、買主側の購入者も両方にとってもメリットがある活用の仕方であると言えます。

    購入者側にとっても、土地を購入しない分、通常の分譲に比べて安く済みます。いずれ返還しなければならないとは言っても50年間ですので、「永住」とそれほど変わらない形で、安く住宅が取得できることになります。<br />
<br />
売主側の地主さまも、買主側の購入者も両方にとってもメリットがある活用の仕方であると言えます。

こんな土地をお持ちの方に
おすすめです!

  • 土地を売らず保有したまま活用をしたい方

  • 活用はしたいが借入はしたくないとお思いの方

  • 相続税対策をお考えの方

  • 固定資産税対策をお考えの方

よくある質問

住宅用地経営で
お客様より頂くご質問をまとめました。

  • Q.

    土地を貸すメリット・デメリットは?

    A.

    メリットは借入をしないのでリスクは少ないことです。
    ※建物の担保提供を求められる可能性があるのですが、その際には厳しく判断する必要があります。

    デメリットは、一定期間土地が更地として利用できない事です。

      

導入の流れ

実際に運用するまでの流れをご紹介、
まずはお問い合わせください。

  • STEP.01

    初回面談(ヒアリング)

    初回面談(ヒアリング)

  • STEP.02

    建物を所有したい人を集める

    建物を所有したい人を集める

  • STEP.03

    提案

    提案

  • STEP.04

    賃貸契約

    賃貸契約