Service

サービス付き高齢者向け住宅

郊外の大きな土地で、
賃貸住宅を建てても埋まらない地域が最適

借上げ条件、撤退する際の違約条項、
運営費用の負担区分をチェックした上で進める事が重要です。

サービス付き高齢者向け住宅経営の
2つのポイント

  • 投資額はおおよそ2億円前後(最低でも30室前後が必要)

    投資額はおおよそ2億円前後(最低でも30室前後が必要)

  • 借上げ条件及び撤退する際の違約条項、運営費用の負担区分を入念にチェックすること

    借上げ条件及び撤退する際の違約条項、運営費用の負担区分を入念にチェックすること

  • 人口構造の変化とニーズの高まり

    超高齢化が進むなかで、今後高齢者人口がファミリーマンションの対象者数を上回るという予想が出ています。高齢者世帯数の伸びを見てみても、高齢者単身世帯は2030年まで増加していくという予想もされています。そのため、ご高齢の方の生活を支援するサービス(見守り・生活相談・食事・家事支援等)が供給される住宅あるいは施設へのニーズが高まってきています。

    超高齢化が進むなかで、今後高齢者人口がファミリーマンションの対象者数を上回るという予想が出ています。高齢者世帯数の伸びを見てみても、高齢者単身世帯は2030年まで増加していくという予想もされています。そのため、ご高齢の方の生活を支援するサービス(見守り・生活相談・食事・家事支援等)が供給される住宅あるいは施設へのニーズが高まってきています。
  • サ高住の開設における3つの注意点

    サービス付き高齢者向け住宅の開設には3つの難所があります。
    1.運営事業者を見つける
    2.制度に基づいた計画、申請、プランニングを行う
    3.融資をつける
    上記の三点は他の土地活用に比べて非常に複雑になっています。サービス付き高齢者向け住宅は、国土交通省、厚生労働省の共同所轄である高齢者住まい法の基本方針と、基本方針に基づき都道府県で策定されている高齢者居住安定確保計画に基づいた制度です。 そのために、都道府県、政令指定都市、その他の市区町村でも取り扱いが違ってきます。きちんと内容を理解し、経験のある会社が取り組まなければ、制度を読み違えて計画できないプランニングになったり、余計なコストがかかってくる場合が多々あります。
    また、優秀な運営事業者を選定し提携を行なっており、すぐに運営事業者のご紹介をさせて頂きます。
    進和建設工業では、建築実績に基づきお客様の資産価値を高めることが出来る高齢者住宅のご提案を行なっています。

    サービス付き高齢者向け住宅の開設には3つの難所があります。<br />
1.運営事業者を見つける<br />
2.制度に基づいた計画、申請、プランニングを行う<br />
3.融資をつける<br />
上記の三点は他の土地活用に比べて非常に複雑になっています。サービス付き高齢者向け住宅は、国土交通省、厚生労働省の共同所轄である高齢者住まい法の基本方針と、基本方針に基づき都道府県で策定されている高齢者居住安定確保計画に基づいた制度です。 そのために、都道府県、政令指定都市、その他の市区町村でも取り扱いが違ってきます。きちんと内容を理解し、経験のある会社が取り組まなければ、制度を読み違えて計画できないプランニングになったり、余計なコストがかかってくる場合が多々あります。<br />
また、優秀な運営事業者を選定し提携を行なっており、すぐに運営事業者のご紹介をさせて頂きます。<br />
進和建設工業では、建築実績に基づきお客様の資産価値を高めることが出来る高齢者住宅のご提案を行なっています。<br />
  • 今後の展望と検討する際のポイント

    2011年4月、これまでの高齢者向けの「高専賃」「高円賃」の制度を廃止、簡素化して「サービス付き高齢者向け住宅」に一本化されました。高齢者のためにバリアフリーの構造や設備などを備え、介護や医療と連携して高齢者を支援するサービスを提供する施設として、10月より登録制度がスタートしています。
    お土地が300坪程度あれば建築可能です。賃貸マンション・アパートでは、駅からの10分圏内でないと厳しいとされていますが、高齢者住宅では駅からの距離が経営を左右することはありませんので、立地条件が悪く活用を諦めていらっしゃる方はお気軽にご相談下さい。
    当社では、NPO高齢者福祉住環境支援機構、提携介護事業者と連携し、地域で必要不可欠となる高齢者向け賃貸住宅の普及に取り組んでいます。またご希望の場合には、一括借上げによる、オーナー様の毎月の安定収入も確保致します。

    2011年4月、これまでの高齢者向けの「高専賃」「高円賃」の制度を廃止、簡素化して「サービス付き高齢者向け住宅」に一本化されました。高齢者のためにバリアフリーの構造や設備などを備え、介護や医療と連携して高齢者を支援するサービスを提供する施設として、10月より登録制度がスタートしています。<br />
お土地が300坪程度あれば建築可能です。賃貸マンション・アパートでは、駅からの10分圏内でないと厳しいとされていますが、高齢者住宅では駅からの距離が経営を左右することはありませんので、立地条件が悪く活用を諦めていらっしゃる方はお気軽にご相談下さい。<br />
当社では、NPO高齢者福祉住環境支援機構、提携介護事業者と連携し、地域で必要不可欠となる高齢者向け賃貸住宅の普及に取り組んでいます。またご希望の場合には、一括借上げによる、オーナー様の毎月の安定収入も確保致します。

こんな土地をお持ちの方に
おすすめです!

  • 200坪以上で賃貸住宅を建てても埋まらない土地

  • 200坪以上で賃貸住宅の家賃相場が低くて収益性が低い土地

  • 比較的駅から離れている土地

よくある質問

サービス付き高齢者向け住宅経営で
お客様より頂くご質問をまとめました。

  • Q.

    運営事業者が撤退する事が心配です。

    A.

    運営事業者の与信を調べ、経営や財務上の健全性を調べる事が大切です。
    実際に、運営事業者の施設を見学に行くと、施設の雰囲気や社風がわかりますし、
    経営者と話をする事で、経営の考え方がわかりますので、運営事業者の選定には必要です。

    運営契約書の条件面で、保証金を組み入れる事や解約条項を交渉する事で撤退リスクを減らす事が出来ます。

    高齢者施設は、市場・顧客ニーズが高く、仮に撤退したとしても、次に運営したいという運営事業者の候補が見つかるケースも多いと思います。

  • Q.

    入居者募集及び、空室対策はどのように行うのですか?

    A.

    入居募集は、運営事業者が中心になって行いますので、オーナー様の手を煩わせることはありません。 行政、ケアマネージャー、病院の医療連携室のソーシャルワーカー、介護施設の相談員、地域の民生委員、老人会等々のネットワークなどへの 働きかけによって、独居高齢者の情報、退院患者の情報等々を収集し、またそれらの方々にご紹介いただくことで入居につなげていきます。その他、新聞広告やチラシ、ホームページ、イベントなどによる集客なども考えられます。

  • Q.

    運営会社がつぶれたら、どうなりますか?

    A.

    確かに、開設しても入居稼働率が上がらない場合は、運営会社の撤退も考えられます。しかし、そうならないための【調査】と【料金設定】、【運営会社の選定】をおこなっていますのでご安心頂けると思います。 また、弊社は、NPO法人高齢者福祉住環境支援機構に加盟しており、介護事業者を数十社確保しておりますので、万が一運営会社の自己都合により撤退する場合においても、次の運営会社を探して引継ぎを行います。

導入の流れ

実際に運用するまでの流れをご紹介、
まずはお問い合わせください。

  • STEP.01

    初回面談

    初回面談

  • STEP.02

    プラン・事業収支提案

    プラン・事業収支提案

  • STEP.03

    運営事業者候補先ご提案

    運営事業者候補先ご提案

  • STEP.04

    出店申込書の提出

    出店申込書の提出

  • STEP.05

    運営事業者の物件見学

    運営事業者の物件見学

  • STEP.06

    融資申し込み

    融資申し込み

  • STEP.07

    運営予約契約書 ・仮契約書締結

    運営予約契約書 ・仮契約書締結