Service_apartment

サービスアパートメント

ソフト面での価値を追求する差別化されたサービスアパートメント

基本は賃貸マンションをベースに、
共用スペースを設けてサービスを提供したり、
コミュニティを形成したりすることにより付加価値を提供する商品です。

サービスアパートメント経営の
5つのポイント

  • 投資利回りの良い物件を選定することで収益を確保する

    投資利回りの良い物件を選定することで収益を確保する

  • 市場を見極めて需給ギャップを見つけること

    市場を見極めて需給ギャップを見つけること

  • 想定する入居者を絞り込むことで入居率を効率的に安定させる

    想定する入居者を絞り込むことで入居率を効率的に安定させる

  • 入居者から喜ばれる広がりと奥行きのある間取り設計に

    入居者から喜ばれる広がりと奥行きのある間取り設計に

  • 建物の性能・耐久性を上げることで物件の長期間運用を実現すること

    建物の性能・耐久性を上げることで物件の長期間運用を実現すること

  • 市場調査の重要性と市場ニーズに合わせた商品ラインナップ

    賃貸住宅に共用スペースなどを設けて、
    サービスの提供やコミュニティ形成を行うことにより、
    ソフト面での価値を提供します。

    賃貸住宅とシェアハウスの間のような商品です。

    アパートやマンションなどの賃貸住宅を建てる場合、最大のメリットは税金軽減の効果です。また、家賃による安定収入が得られるため、将来、年金を補佐する副収入源としても頼りになるでしょう。ただし、賃貸アパートやマンションは「どこになにを建てるか」が非常に大切です。
    そこで、当社では、マンション建設の具体的なご提案を行う前に、その土地に対する緻密な市場調査を行います。
    地域の人口・世帯数の推移、一世帯の人数、居住者の年齢層、周辺施設などの周辺状況から、すでにある賃貸マンションの入居率などについても調査を行います。
    その結果、市場性の高い地域であると判断できて、はじめてその土地でマンションを運営することができるのです。また、弊社では様々な市場に対応できるだけのマンションラインナップで、お客様にとって一番最適な資産運用をお約束いたします。

    賃貸住宅に共用スペースなどを設けて、<br />
サービスの提供やコミュニティ形成を行うことにより、<br />
ソフト面での価値を提供します。<br />
<br />
賃貸住宅とシェアハウスの間のような商品です。<br />
<br />
アパートやマンションなどの賃貸住宅を建てる場合、最大のメリットは税金軽減の効果です。また、家賃による安定収入が得られるため、将来、年金を補佐する副収入源としても頼りになるでしょう。ただし、賃貸アパートやマンションは「どこになにを建てるか」が非常に大切です。<br />
そこで、当社では、マンション建設の具体的なご提案を行う前に、その土地に対する緻密な市場調査を行います。<br />
地域の人口・世帯数の推移、一世帯の人数、居住者の年齢層、周辺施設などの周辺状況から、すでにある賃貸マンションの入居率などについても調査を行います。<br />
その結果、市場性の高い地域であると判断できて、はじめてその土地でマンションを運営することができるのです。また、弊社では様々な市場に対応できるだけのマンションラインナップで、お客様にとって一番最適な資産運用をお約束いたします。
  • 入居者のイメージを具体的に膨らませること

    まず最初に行うのは、入居者の顧客像を組み立てること。
    「誰にどのような価値をどのように提供するか」を考えることが重要です。
    例えば、30代子育て夫婦・子供2人幼稚園の4名家族、など。
    顧客像に合った間取りやサービス提供を行うことが出来れば入居率を高めることができます。

    マンション経営においては、「入居率」というものに誰もが頭を悩ませることと思います。「せっかくマンションを建設したはいいが、入居者が思うように決まらない。」こうした悩みをお持ちの方は多く、それゆえに、「マンション経営=やらない方がイイ」と思っていらっしゃる方もいるのではないでしょうか。しかし、「空室がでないマンション」を建てる方法を知っていれば、心配はいりません。 ニーズというのは時代とともに流行が変化していきます。

    まず最初に行うのは、入居者の顧客像を組み立てること。<br />
「誰にどのような価値をどのように提供するか」を考えることが重要です。<br />
例えば、30代子育て夫婦・子供2人幼稚園の4名家族、など。<br />
顧客像に合った間取りやサービス提供を行うことが出来れば入居率を高めることができます。<br />
<br />
マンション経営においては、「入居率」というものに誰もが頭を悩ませることと思います。「せっかくマンションを建設したはいいが、入居者が思うように決まらない。」こうした悩みをお持ちの方は多く、それゆえに、「マンション経営=やらない方がイイ」と思っていらっしゃる方もいるのではないでしょうか。しかし、「空室がでないマンション」を建てる方法を知っていれば、心配はいりません。 ニーズというのは時代とともに流行が変化していきます。<br />
  • ニーズの移り変わりと今後必ず抑えるべきポイント

    "今や「それなりの立地環境と設備が整っていればいい」というニーズよりも、 「自分のライフスタイルにあって、なおかつオシャレな物件がいい」 「少々高くてもいい」というニーズの方が主流となりました。
    この時代においては、マンションに独自の付加価値をつけることが必要です。 そうすれば、「行列ができるマンション」にすることも可能です。
    人々が住みたいと思うマンションとは何か、地域が求めているマンションとは何か。 そう考え抜いて、明確なマンションの「コンセプト」を打ち出すことが大切です。

    つまり、従来は設備や間取りといったハード面の付加価値が主でしたが、これからはサービス面やコミュニティづくりなどソフト面での付加価値も加えていくことが差別化において重要度が増してきています。

    "今や「それなりの立地環境と設備が整っていればいい」というニーズよりも、 「自分のライフスタイルにあって、なおかつオシャレな物件がいい」 「少々高くてもいい」というニーズの方が主流となりました。<br />
この時代においては、マンションに独自の付加価値をつけることが必要です。 そうすれば、「行列ができるマンション」にすることも可能です。<br />
人々が住みたいと思うマンションとは何か、地域が求めているマンションとは何か。 そう考え抜いて、明確なマンションの「コンセプト」を打ち出すことが大切です。<br />
<br />
つまり、従来は設備や間取りといったハード面の付加価値が主でしたが、これからはサービス面やコミュニティづくりなどソフト面での付加価値も加えていくことが差別化において重要度が増してきています。

よくある質問

サービスアパートメント経営で
お客様より頂くご質問をまとめました。

  • Q.

    賃貸マンションと何が違うのですか?

    A.

    大きく見れば賃貸住宅と変わりはありません。
    賃貸住宅にコミュニティスペースが出来たものであり、サービス提供を行ったりするものです。
    運営事業者の運営ノウハウがポイントになりますので、実績や与信情報とともにチェックを行って下さい。

  • Q.

    どのようなリスクがありますか?

    A.

    運営事業者が撤退するリスクです。
    運営事業者の選定は最新の注意を払いましょう。

     ご自身でもコミュニティ運営の知識やノウハウの蓄積を行い、自分でも出来る状態を作る事がリスクヘッジになります。

    コミュニティスペースが賃料を生み出さないスペースになりますので、利回り(投資収益率)が低くなりすぎないように注意しておきましょう。

導入の流れ

実際に運用するまでの流れをご紹介、
まずはお問い合わせください。

  • STEP.01

    初回面談(ヒアリング)

    初回面談(ヒアリング)

  • STEP.02

    市場調査・運営事業者選定

    市場調査・運営事業者選定

  • STEP.03

    プラン・事業収支提案

    プラン・事業収支提案

  • STEP.04

    出店計画書の提出

    出店計画書の提出

  • STEP.05

    運営事業者の施設見学

    運営事業者の施設見学

  • STEP.06

    融資申込

    融資申込

  • STEP.07

    運営予約契約書・仮契約書の締結

    運営予約契約書・仮契約書の締結