Roadside

ロードサイド
として貸す

投資額が低く安全かつ投資利回りが高く高収益が見込める

家賃収入が高く投資金額が少ない(建築協力金が出る)
テナントを見つけてくる事が最重要です。

ロードサイド経営の
1つのポイント

  • 家賃収入が高く、投資金額が少ないテナントを発見すること

    家賃収入が高く、投資金額が少ないテナントを発見すること

  • ロードサイドの土地とは?

    ロードサイドとは、文字通り道路沿いに位置する土地のことを指します。
    交通量が多く、駐車場も広く取りやすいなどのメリットも数多くあります。なにより、投資額に対しての収益性の高さによる高利回りに期待できます。

    ロードサイドとは、文字通り道路沿いに位置する土地のことを指します。<br />
交通量が多く、駐車場も広く取りやすいなどのメリットも数多くあります。なにより、投資額に対しての収益性の高さによる高利回りに期待できます。
  • 運営において重要となる留意点

    ロードサイドの土地があれば、まずロードサイド店舗を当たります。(投資利回りが一番高いため)。店舗を選ぶ際には運営先がしっかりした所なのか?建築協力金は出るのか?途中撤退したときの違約条件などの交渉も大切です。

    ロードサイドの土地があれば、まずロードサイド店舗を当たります。(投資利回りが一番高いため)。店舗を選ぶ際には運営先がしっかりした所なのか?建築協力金は出るのか?途中撤退したときの違約条件などの交渉も大切です。

よくある質問

ロードサイド経営で
お客様より頂くご質問をまとめました。

  • Q.

    店舗が撤退しないか心配です

    A.

    店舗の与信力を調べて、健全な企業なのか検討した上で契約を行うようにする事が大切です。
    契約条件に保証金を入れて貰う、解約条項などの条件を付けるなどの交渉も必要です。

  • Q.

    店舗が撤退した際に、建築協力金の返済はどうすれば良いのか?

    A.

    建築協力金は免除されて返済しなくて良いケースがほとんどです。契約前に建築協力金の条件の確認をしましょう。

導入の流れ

実際に運用するまでの流れをご紹介、
まずはお問い合わせください。

  • STEP.01

    店舗を探す

    店舗を探す

  • STEP.02

    出店候補先のご提案

    出店候補先のご提案

  • STEP.03

    出店申込書の提出

    出店申込書の提出

  • STEP.04

    店舗運営会社との条件交渉

    店舗運営会社との条件交渉

  • STEP.05

    店舗予約契約

    店舗予約契約

  • STEP.06

    仮契約

    仮契約