• TOP
  • 新着情報
  • 新築でもリノベーションでも...賃貸経営は企画が9割!?:第73回資産を育てるマンション経営セミナー

2021.11.24

新築でもリノベーションでも...賃貸経営は企画が9割!?:第73回資産を育てるマンション経営セミナー

新築でもリノベでも...
賃貸経営は企画が9割!?

【12月15日(水)】
第73回資産を育てるマンション経営セミナー

テーマ:マンションに最も大切な事業企画を支える
市場調査×コンセプト

================

日程▶▶▶12月15日(水)
時間▶▶▶13:30~15:30
場所▶▶▶梅田駅より徒歩6分
大阪梅田ハービスPLAZA5階貸会議室
(大阪市北区梅田2-5-25)
参加費▶▶無料

================

↓↓↓お申し込みはこちら!!!
https://form.k3r.jp/shinwakensetsu/20211215

第73回資産を育てるマンション経営セミナーを開催いたします!

 

今回のテーマは

マンション経営に最も大切な事業企画を支える
市場調査とマンションのコンセプトです。

 

空室率が3割に迫ろうとしている今日、
安全といわれていた不動産投資でさえも、
下手をすると資産を失いかねない状況にあります。

 

マンションを建てさえすれば入居者が集まり、
安全な資産運用ができるという時代は終わってしまったのです。

 

ですから、オーナーのみなさんはマンション建築のプロではないといえども
そのマンションが成功するのかしないのかという判断を下せないといけません。

 

そして今回のセミナーのテーマにあるように
新築であってもリノベであっても
入居希望者でいっぱいになるか閑古鳥が鳴くかは
そのマンションの企画で決まってしまうといっても
過言ではありません。

 

その企画に必要なものが、エリアのニーズや供給状況を知る市場調査と
質の高い入居者を集めるためのマンションのコンセプトの決定です。

 

進和建設工業は市場調査とマンションのコンセプト決めに絶大な強みを持っており、
弊社のオーナーさま達の物件の平均入居率は10年以上連続で95%を超えています。

 

相続対策でマンション投資を考えているが、正直賃貸経営のことは分かっていない...
新築投資やリノベーションで絶対に失敗したくない!
という方はぜひお越しください!!!

 

 

【↓↓セミナー詳細↓↓】

[1]市場調査

調査で必要なのは需要と供給のギャップを割り出すことです。
そのギャップを埋める物件をつくれば、簡単に部屋は埋まります。

 

市場調査では大まかに以下の3点を調べます。

①「需要 と 供給」のバランスを調べる。
②「入居者ターゲット」を想定する。
③「適正家賃」「空室率」を算出する。

 

市場調査をすることで、
客観的なデータをもとに判断することができます。
勘といった不完全なものに頼らずに済むので、
よりよい判断ができるようになります。

 

市場調査を徹底することで、
その地域を見極められる以上の効果があります。
将来その土地がどのように変わっていくのか、
データで見ていくことができます。

 

なので、将来にわたって物件価値を保ち続ける物件を建てるための
大きな基礎となるのです。

 

今回のセミナーでは、
弊社の市場調査でどのようなことを調べているか、
皆さまが土地活用をする際にどのようなことを見るべきなのかを
お伝えいたします!!!

[2]マンションのコンセプト

市場調査でエリアのニーズを掴んだら、
次は物件のコンセプトを決めなければなりません。

 

しかし、建てることに関しては素人のオーナー様方や、
一般の建築会社(大手であっても、むしろ大手であるほど)には
その場所にあった独自のコンセプトを考える事は非常に難しいものです。
(※大手のハウスメーカーは
企画化されたパッケージ商品を売ることがほとんどなので
一つ一つの物件のコンセプトを考えるということはありません)

 

進和建設は普通のマンションに一工夫、二工夫加えた、
コンセプトマンションの建築で数多くの実績を残してきました。

 

弊社が施行してきた600棟弱マンションのうちのほとんどが、
何らかのコンセプトを持たせた高付加価値型のマンションとなっております。

 

セミナーでは、コンセプトの作り方を、豊富な実例とともにお伝えいたします!

 

[3]エリアのニーズを掴む市場調査と独自のコンセプト

ほとんどの建設会社やオーナー様はこれらを軽視していますが、
実はここの部分が最も重要です。

なぜなら物件価値をより高くし、より長く維持させることができるからです 
(リノベーションも同様です)。

 

物件価値が下がる=需要がない=家賃収入が下がる、 ということなので、
売却するにも賃貸運営をするにも 苦労することになります。

 

重要なのは、物件価値が維持できるかどうかは、
建てるときに、どのような市場調査をし、
それをもとにどのようなコンセプトでマンションを建てるのかにかかっているのです。

 

これこそがマンション建築で必要な事業企画になります。



あなたの物件が差別化された力のある物件になるかどうかは、
ここでほとんど決まっています。

 

本セミナーでは、データをもとに未来予想図を作成しながら、
将来にわたって確実に利回りのいい物件を建てる、
そんな弊社の事業企画のノウハウをお伝えいたします!

 

講師は進和建設工業代表取締役の西田芳明が務めます。

西田は53年間続く進和建設工業の代表として土地活用にかかわり続け、
施工した物件での平均入居率は10年近く95%以上を達成しています。

ちなみに資産運用に失敗したオーナーさんは1人もいらっしゃいません。

その理由はお客様一人一人の資産状況や、 活用する土地周辺の需給状況を綿密に調べ
データをもとに30年先を予測した提案を行ってきているからです。

西田の机上の空論ではないリアルな経験をもとに、
現状の運用状況に不安を感じられる方や
よりよい資産運用を達成したい方にとって、
役立つ情報をたくさんお伝えいたします。

 

 

〈セミナー参加者の声〉
「非常に勉強になり、現場の生の感覚をお聞きできてよかったです。
ありがとうございました。」

「いつも、お話楽しく聞かせていただいています。
先生のお話はとても面白いので今後も参加させてもらいます!」

「コンサル風でもあり、疑問点も解決できる。
毎回必ず3つ4つ参考になるため、また参加します!」

「今後の不動産市況など、他のセミナーで聞けない話がとても興味深い!」

などなど、セミナー満足度は毎回90%を越えています!!

 

↓↓↓お申し込みはこちら!!!