⼟地活⽤なら⼤阪の進和建設工業株式会社

お気軽にお問い合わせください:072-252-1049

スタッフブログ

スタッフブログTOPへ

訪問介護の報酬アップ、介護職の待遇改善なくして在宅介護は困難

2015.12.08  記:  staff9

1.在宅介護を困難にしている訪問介護の仕組み 

 介護保険がスタートして13年、介護サービスの受給者は3倍になった。公表されている2010年までの介護保険収支は黒字であり、5年で赤字に転落したドイツ介護保険と比較して経営はできています。

 介護保険の利用者の72%は在宅におり、介護報酬も在宅の方が安価で、しかも、施設整備費が不要だ。高齢者は持ち家率が高く、自宅は居場所であり、「何もしなくてもいい場所」である。そしてこれを支えているのは近隣と家族と訪問介護と通所介護、ショートステイ、福祉用具、訪問看護、訪問リハビリ、在宅療養を担う医療機関等なのです。

 この在宅介護を困難にしているのは、家族が介護することを前提の制度設計を変えない介護保険のひずみであると考える。特にヘルパーに厳しく、例えば同居家族がいれば買い物や、掃除、調理は認められず、ヘルパーは1回入ると2時間空けなければ次に入ることができません。

 20分未満の介護は保険が利かず、病院に行くためにタクシーを利用すると、乗車中の介助ヘルパーに保険が利かない。病院で診察券を出してからのヘルパーには保険が利かない等などの理由で在宅介護を困難にしています。

2.訪問介護の報酬減額が介護人材不足を招いた 

 介護保険スタート時点は「人に役立つ仕事をしたい」とヘルパー研修を受ける人もいた。しかし、ホームヘルパーは短時間で利用者と向き合い、時間に追われて介護しても、直接、介護時間しか報酬が払われないため低賃金で、仕事も不規則で多くの人たちが厳しさに直面しています。

 それでも3年たてば報酬見直しがあると期待したものが、03年の報酬改定では反対に報酬が下がり、06年にはさらに厳しく報酬が下がって、介護の仕事にやりがいを見つけても、将来性を見いだせずに介護離れを招いた。この時期の介護職はむしろ介護支援専門員の試験を受け、ケアマネジャーになる方向転換が1つのキャリア形成とされていました。

3.挫折した介護職員基礎研修と介護職のキャリア形成 

 介護保険法改正にともない、06年から介護職のキャリア形成として「介護職員基礎研修500時間」が始まり、12年度にはヘルパー1級は介護職員基礎研修に一元化され、ヘルパー3級は介護保険から排除の方向が出され、国家資格の介護福祉士への道が示された。

 しかし、介護福祉士になってもヘルパーの仕事の評価や報酬がアップすることはありませんでした。

 訪問介護事業所は要介護1が要支援2に変更になることで、収益も下がり、介護職員基礎研修は何のメリットもなく、介護職キャリア形成に飛びつく状況にはならなかった。これは介護保険の政策的な失敗だが、6年後の12年度には何の反省もなく廃止されている。また介護職には、新たにケアマネジャーへの道も閉ざされようとしています。

介護職などこれからますます必要になってくる職業の充実を図るためにも、今後は国だけでなく日本の一般企業が介護職を支えていく必要があると感じます。

日本をより良い国にしていくためにも一般企業のあり方が問われているのではないでしょうか?

建物を
建てる

土地活用のお問い合わせ:072-252-1049

お問い合せはこちら

資料請求はこちら

迷っている方、今すぐお問い合わせ下さい

ご相談やご質問、各サービスのお申込みを以下のフォームより承っております。
必要事項をご入力のうえ、最後に「入力を確認する」をクリックしてください。
内容を確認後、担当よりご連絡させていただきます。

お名前必須
フリガナ必須
ご住所/所在地
  • 郵便番号
  • 都道府県
  • 市区町村
  • 丁目番地
  • 建物名など

※資料をご希望の方は、お送りするためのご住所をお書きください

TEL
E-MAIL必須
情報お届け必須

希望された方には、今後弊社で開催されるセミナーや、
最新の資産運用等に関する情報をいち早くお届けします。

お問い合わせや、土地活用のお悩み、アパート経営に関する疑問等、ございましたらお聞かせ下さい

サービスお申込み

セミナーのお申込み

参加希望のセミナーの日時をご記入下さい。

 年   月   日   時〜

資料ご請求 (必須)

「土地活用・マンション経営・税金お悩み解決」虎の巻パックをご希望されますか?

自由記入欄

その他のお問い合わせや、土地活用のお悩み、アパート経営
関する疑問等、ございましたらお聞かせ下さい。

活用をご検討中の土地についてお聞かせ下さい

土地の所在地
  • 都道府県 例)大阪府
  • 住所
    例)堺市中区百舌鳥梅町1-301
土地の面積
現在の活用状況

4. その他(以下にご活用内容をご入力下さい)

「個人情報の保護に関する法律」に基づく公表事項

「個人情報の保護に関する法律」に基づき、以下の事項を「公表」いたします。

1. 個人情報の利用目的の公表に関する事項
取得した個人情報は、お客様の事前の同意なく第三者に対して開示することはありません。ただし次の場合は除きます。

(1) 直接書面取得以外で取得する場合の「個人情報」の「利用目的」
お客様から直接書面に掲載された個人情報を取得する場合はその都度、お客様に利用目的を明示させていただきます。
それ以外で個人情報を取得する場合は、次の利用目的の制限の範囲内で取り扱わせていただきます。
1. お客様に適した情報を郵送・メール等でお届けする
2. イベント等の登録処理
3. お問合せの応対
2. 第三者への開示
(1) 法令に基づく場合
(2) 人の生命、身体及び財産の保護のために緊急の必要性がある場合
(3) 協力会社と提携して業務を行う場合(協力会社に対しても適切な管理を要求します)

1. お客様に適した情報を郵送・メール等でお届けする
2. イベント等の登録処理
3. お問合せの応対
3. 開示・訂正・削除
(1) お客様の自己の情報について照会を希望される場合、所定の手続きに基づき開示します。
(2) その結果誤りなどを指摘され、訂正または削除をご希望される場合は、これに応じます。
4. 安全管理
個人情報保護に関して適用される法令、規範を遵守し、安全管理のための必要かつ適切な措置を行います。
5. 個人情報の取扱いに関する窓口
当社の個人情報の取り扱いに関する苦情については、下記までお申し出ください。

お電話の場合: 072-252-1049
お手紙による場合:〒591-8032 大阪府堺市百舌鳥梅町1丁30-1
電子メールによる場合: info@e-shinwa.net
今すぐお問い合わせ

3つのキーワード

お持ちの土地に最適なご提案あります

狭小地
ロードサイド
遊休地

進和建設の土地活用プラン

建物を建てる
土地を貸す

土地活用に関するギモン