⼟地活⽤なら⼤阪の進和建設工業株式会社

お気軽にお問い合わせください:072-252-1049

スタッフブログ

スタッフブログTOPへ

光の色や強さは、心理状態に影響を与えます

2018.07.13  記:  佐野 暢亮

ブログをご覧のみなさま、こんにちは!
進和ホームの幸せづくり専門家 佐野です。

最近、よくテレビや新聞などで睡眠について取り上げられていますが
快適で質の良い睡眠を得るには、就寝前に
・ぬるめのお風呂でゆっくり体温を上げる
・電球色で暗めの照明で過ごす
・スマホなどの画面を長時間見ない
などを習慣づけることが大切だそうですね。

私も寝る前についついスマホを触ってしまいますが、
一日の規則的な明るさの変化は、体内時計のズレをリセットし
健康的な生活リズムを維持するために欠かせません。

そういえば、ストレスが溜まると
光が眩しく感じられることを皆さんはご存知ですか?
ストレスが溜まると自律神経が乱れます。
自律神経が乱れると瞳孔が収縮しにくくなります。
そのため、光を眩しく感じるんですね。

ところで皆さんは、子供部屋を設ける予定ですか?
その部屋は、勉強にも睡眠にも用いる予定ですか?

以前のブログでお話ししたように、勉強に集中できるの照明は昼光色です。
しかし、昼光色は脳を活性化させるので就寝前には避けたい照明です。
必要な場所だけ明るくしたいなら、学習机にスタンド照明を置きましょう。
天井に設置した全体照明は、机の位置によって手元が暗くなります。
パソコンの画面に反射した光は、目に悪影響を与えます。
スタンド照明を併用すれば、その不具合を解消できます。

全体照明を電球色などの穏やかな照明にすれば、
就寝前の時間をリラックスして過ごせます。
全体照明と部分照明を併用すれば、それぞれの短所を補えます。

子供が夕方まで外遊びするのが当たり前だった時代は、
光の強さや色が変化する中で過ごしていました。
遊び疲れると寝つきも良くなります。
体内リズムを整えるには最適の環境でした。
しかし、外遊びできる環境を失った子供は、
光の変化を体感できる時間が減っています。
夜11時過ぎまで塾で過ごしている子供は、
強くて明るすぎる光を浴び続けています。

そんな光の環境は、不登校や「うつ」の一因になっているという意見もあります。
寝る直前まで明るい場所で過ごすことが原因で
・ストレスに弱くなる
・疲労回復しにくい
など、心身に様々な悪影響が現れたら幸せな暮らしは望めません。
家族がより幸せに暮らすために建てる新居。
ならば、建物の性能や間取り、デザインなどの一般的なものだけでなく、
明るさや光の色についても関心を持ち、家族に適した照明を厳選したいですね。

TEL:090-3058-0317
Mail:sano@e-shinwa.net
佐野暢亮

建物を
建てる

土地活用のお問い合わせ:072-252-1049

お問い合せはこちら

資料請求はこちら

迷っている方、今すぐお問い合わせ下さい

ご相談やご質問、各サービスのお申込みを以下のフォームより承っております。
必要事項をご入力のうえ、最後に「入力を確認する」をクリックしてください。
内容を確認後、担当よりご連絡させていただきます。

お名前必須
フリガナ必須
ご住所/所在地
  • 郵便番号
  • 都道府県
  • 市区町村
  • 丁目番地
  • 建物名など

※資料をご希望の方は、お送りするためのご住所をお書きください

TEL
E-MAIL必須
情報お届け必須

希望された方には、今後弊社で開催されるセミナーや、
最新の資産運用等に関する情報をいち早くお届けします。

お問い合わせや、土地活用のお悩み、アパート経営に関する疑問等、ございましたらお聞かせ下さい

サービスお申込み

セミナーのお申込み

参加希望のセミナーの日時をご記入下さい。

 年   月   日   時〜

資料ご請求 (必須)

「土地活用・マンション経営・税金お悩み解決」虎の巻パックをご希望されますか?

自由記入欄

その他のお問い合わせや、土地活用のお悩み、アパート経営
関する疑問等、ございましたらお聞かせ下さい。

活用をご検討中の土地についてお聞かせ下さい

土地の所在地
  • 都道府県 例)大阪府
  • 住所
    例)堺市中区百舌鳥梅町1-301
土地の面積
現在の活用状況

4. その他(以下にご活用内容をご入力下さい)

「個人情報の保護に関する法律」に基づく公表事項

「個人情報の保護に関する法律」に基づき、以下の事項を「公表」いたします。

1. 個人情報の利用目的の公表に関する事項
取得した個人情報は、お客様の事前の同意なく第三者に対して開示することはありません。ただし次の場合は除きます。

(1) 直接書面取得以外で取得する場合の「個人情報」の「利用目的」
お客様から直接書面に掲載された個人情報を取得する場合はその都度、お客様に利用目的を明示させていただきます。
それ以外で個人情報を取得する場合は、次の利用目的の制限の範囲内で取り扱わせていただきます。
1. お客様に適した情報を郵送・メール等でお届けする
2. イベント等の登録処理
3. お問合せの応対
2. 第三者への開示
(1) 法令に基づく場合
(2) 人の生命、身体及び財産の保護のために緊急の必要性がある場合
(3) 協力会社と提携して業務を行う場合(協力会社に対しても適切な管理を要求します)

1. お客様に適した情報を郵送・メール等でお届けする
2. イベント等の登録処理
3. お問合せの応対
3. 開示・訂正・削除
(1) お客様の自己の情報について照会を希望される場合、所定の手続きに基づき開示します。
(2) その結果誤りなどを指摘され、訂正または削除をご希望される場合は、これに応じます。
4. 安全管理
個人情報保護に関して適用される法令、規範を遵守し、安全管理のための必要かつ適切な措置を行います。
5. 個人情報の取扱いに関する窓口
当社の個人情報の取り扱いに関する苦情については、下記までお申し出ください。

お電話の場合: 072-252-1049
お手紙による場合:〒591-8032 大阪府堺市百舌鳥梅町1丁30-1
電子メールによる場合: info@e-shinwa.net
今すぐお問い合わせ

3つのキーワード

お持ちの土地に最適なご提案あります

狭小地
ロードサイド
遊休地

進和建設の土地活用プラン

建物を建てる
土地を貸す

土地活用に関するギモン