⼟地活⽤なら⼤阪の進和建設工業株式会社

お気軽にお問い合わせください:072-252-1049

スタッフブログ

スタッフブログTOPへ

「注文住宅ならハウスメーカー」は実は大間違い!その理由を徹底解析

2018.04.28  記:  黒木 菜緒

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

注文住宅を検討中ですか?

注文住宅を建てようとした場合、どの会社に頼むのか…。実はそれぞれの会社の特徴を知っていないと、後悔する羽目になります。

しっかりと会社の種類の特徴を見極め、自分の理想に合った会社選びをしましょう。

 

 

*********

1 家を建てる会社は3種類ある

2 家を建てる会社のそれぞれのメリットデメリットとは?

3 注文住宅の家を建てるには?

*********

 

 

1 家を建てる会社は3種類ある

 

もしあなたが家を検討しているのであれば、6種類のいずれかの会社に問い合わせをしているかと思います。

 

① ハウスメーカー

② 工務店

③ ビルダー

 

よく聞く会社、あまり耳にしない会社とありますが、それぞれ長所と短所があります。自信の資金計画やどのような家づくりをしたいかを明確にしたうえで選んでいくことが大切です。

 

 

 

2 家を建てる会社のそれぞれのメリットデメリットとは?

 

では、それぞれの会社の特徴を見ていきましょう。

 

① ハウスメーカー

 

【ハウスメーカー】と聞いて、色々な会社を思い浮かべるかと思います。

そもそも【ハウスメーカー】とは名乗るためにはどのような決まりがあるのでしょうか?まずはその定義からお伝えします。

 

ハウスメーカーは精度や強度といった品質を保証するために、工場製品化された住宅の会社いいます。具体的に言えば、63%を自社工場で組み立てなければいけないという決まりがあるのです。ハウスメーカーは、工場から全国の建築現場へと運ばれていくので国から認定されます。

 

元々ハウスメーカーは戦後の住宅不足の時代に「全ての国民が家をもつことができるようにする」という政策によって「プレハブ住宅」を建築していたのが始まりです。

住宅の部品を向上で大量生産し、短い工期で沢山の家を建てるための方法だと言えます。

 

また、かつて大工さんが一棟一棟建てるものだったオーダーメイドが当たり前の住宅が、規格化・工業化され、【商品】という概念を持つのもハウスメーカーの特徴の一つです。

 

メリットとしては、会社規模が大きく、設備や工法が最新ということ、デメリットとしては価格が高く、半分以上が向上で作られているため、自由度が低いということが挙げられます。

 

 

② 工務店

 

工務店とはいわゆる、町の建築やさんです。地元の大工さんや職人さんが集団となって、年間数棟~数十等の規模で建築を行っています。

ハウスメーカーとの大きな違いは【商品】という概念があまりなく、施主さんの対話によってオーダーメイドの住宅を建築している点にあります。

 

メリットとしては、地域密着型でもしなにかトラブルがあったとしても近所に建築してくれた大工さんがいてくれるので相談に乗ってもらいやすいです。デメリットとしては工務店によって技術や経験の差が大きいということが言えます。

 

 

③ ビルダー

 

ビルダーとはハウスメーカーほどの規模はないが、工務店よりも幅広いエリアで建築を行っており、年間数百棟ほど建築を手掛ける会社のことをいいます。

 

最も大きな特長は住宅を企画・規格し、販売している貸家です。いわゆる建売や分譲と呼ばれる販売をしている点にあります。

 

メリットとしては販売価格は安く、ビルダー会社が大規模な土地を購入して開発を行うため、土地の条件がいいことが挙げられます。デメリットとしては、自由度が低く、手狭な住宅が多いことが挙げられます。

 

 

 

3 注文住宅を建てるには?

 

では、注文住宅を建築するにはどのような会社選びをするのが良いのでしょうか?

 

ビルダーでは企画住宅になりますので、最初に選択肢から外れます。

 

ハウスメーカーの【注文住宅】は商品という規格があり、半分以上を工場で作っているため、100%注文住宅とはいきません。100%注文住宅を希望するのであれば、工務店が望ましいでしょう。

しかし、上記のように技術力が保証されているのはハウスメーカーです。

 

信頼できる工務店か、好きな商品のあるハウスメーカーのいずれかが注文住宅を建築するのに望ましい会社といえるのではないでしょうか。

 

因みに…

進和建設の住宅は規格化された商品を、地域密着で工場を持たず現地で行う自社施工で行っていますので、ハウスメーカーと工務店の丁度中間といえるでしょう。

 

 

いかがでしたでしょうか?

知っているか知らないかで大きく会社選びが変わるかと思います。

自分の家づくりに合った会社選びをしましょう。

建物を
建てる

土地活用のお問い合わせ:072-252-1049

お問い合せはこちら

資料請求はこちら

迷っている方、今すぐお問い合わせ下さい

ご相談やご質問、各サービスのお申込みを以下のフォームより承っております。
必要事項をご入力のうえ、最後に「入力を確認する」をクリックしてください。
内容を確認後、担当よりご連絡させていただきます。

お名前必須
フリガナ必須
ご住所/所在地
  • 郵便番号
  • 都道府県
  • 市区町村
  • 丁目番地
  • 建物名など

※資料をご希望の方は、お送りするためのご住所をお書きください

TEL
E-MAIL必須
情報お届け必須

希望された方には、今後弊社で開催されるセミナーや、
最新の資産運用等に関する情報をいち早くお届けします。

お問い合わせや、土地活用のお悩み、アパート経営に関する疑問等、ございましたらお聞かせ下さい

サービスお申込み

セミナーのお申込み

参加希望のセミナーの日時をご記入下さい。

 年   月   日   時〜

資料ご請求 (必須)

「土地活用・マンション経営・税金お悩み解決」虎の巻パックをご希望されますか?

自由記入欄

その他のお問い合わせや、土地活用のお悩み、アパート経営
関する疑問等、ございましたらお聞かせ下さい。

活用をご検討中の土地についてお聞かせ下さい

土地の所在地
  • 都道府県 例)大阪府
  • 住所
    例)堺市中区百舌鳥梅町1-301
土地の面積
現在の活用状況

4. その他(以下にご活用内容をご入力下さい)

「個人情報の保護に関する法律」に基づく公表事項

「個人情報の保護に関する法律」に基づき、以下の事項を「公表」いたします。

1. 個人情報の利用目的の公表に関する事項
取得した個人情報は、お客様の事前の同意なく第三者に対して開示することはありません。ただし次の場合は除きます。

(1) 直接書面取得以外で取得する場合の「個人情報」の「利用目的」
お客様から直接書面に掲載された個人情報を取得する場合はその都度、お客様に利用目的を明示させていただきます。
それ以外で個人情報を取得する場合は、次の利用目的の制限の範囲内で取り扱わせていただきます。
1. お客様に適した情報を郵送・メール等でお届けする
2. イベント等の登録処理
3. お問合せの応対
2. 第三者への開示
(1) 法令に基づく場合
(2) 人の生命、身体及び財産の保護のために緊急の必要性がある場合
(3) 協力会社と提携して業務を行う場合(協力会社に対しても適切な管理を要求します)

1. お客様に適した情報を郵送・メール等でお届けする
2. イベント等の登録処理
3. お問合せの応対
3. 開示・訂正・削除
(1) お客様の自己の情報について照会を希望される場合、所定の手続きに基づき開示します。
(2) その結果誤りなどを指摘され、訂正または削除をご希望される場合は、これに応じます。
4. 安全管理
個人情報保護に関して適用される法令、規範を遵守し、安全管理のための必要かつ適切な措置を行います。
5. 個人情報の取扱いに関する窓口
当社の個人情報の取り扱いに関する苦情については、下記までお申し出ください。

お電話の場合: 072-252-1049
お手紙による場合:〒591-8032 大阪府堺市百舌鳥梅町1丁30-1
電子メールによる場合: info@e-shinwa.net
今すぐお問い合わせ

3つのキーワード

お持ちの土地に最適なご提案あります

狭小地
ロードサイド
遊休地

進和建設の土地活用プラン

建物を建てる
土地を貸す

土地活用に関するギモン